3.11

3月11日。
あれから4年。

仙台で10年以上暮らしていました。
若林区にも住みました。
石巻にもよく遊びに行きました。
福島の相馬港にも釣りに行きました。

思い出いっぱいのあの場所に起きた悲劇。忘れることはできません。

当時、千葉に住んでいた父と3日間連絡が取れず、仕事が手に着きませんでした。

仙台の友人と連絡が取れたのは、一週間後のことでした。

「今、食料を買いにスーパーで並んでる。2時間、並んでる。それでも買えるのはほんの少しなんだよ。
水もまだ出ない。」

何を言ってあげたらいいのかわかりませんでした。

「とにかく、生きてて良かった。」

としか。。

その後、友達と一緒に文房具などを集めて東北の各小学校に送りました。
募金もしました。

それでも当時は、これしか出来ることがないのか?と自分の中で疑問がわいてくるばかりでした。

4年後の今思うことは、
忘れないこと、祈ること、そして何より思い切り生きること、楽しむこと、悔いを残さないこと。

これが私にできることなんだと思っています。

Pray for 東北魂!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください