スフィンクス!

今日も晴れて暖かい。
娘が大文字山に登山するらしく、水筒を持って登校して行った。

今朝、ゴミを捨てに行きながら空を見上げると、うっすらと虹色が。
急いで携帯を取りに行き、シャッターを押してみると、

日輪でしょうか?

何だか朝からワクワク♪

近所のお宅の梅の花も咲き始めた様子☆

気がつけば2月も後半。
ゆっくりと春が近づいているのを感じます。

密かな楽しみ、「火星考古学」の動画を全部見終えてしまい、寂しく検索を続けると、興味深い投稿を見つけました。

火星で暮らしていた前世の記憶がある少年がロシアにいるみたい。

2歳の頃から、火星やその他の文明の話をお母さんに話し始めたらしい。

彼は火星で貿易の仕事に就いており、宇宙船を運転して地球まで行き来していたそうな。

当時の地球はレムリア文明が栄えていて、彼にもレムリア人(身長9メートル)の友達がいた。

その後、地球の大変動により、レムリア大陸は海に沈んだ。

火星で核戦争があり、残った火星人は今も地下で生活している。

火星人の身長は約7メートルあり、35歳くらいで老化が止まる。
非常に精神性が高い。

かつて地球と親交を持っていた火星人だが、現在は、地球人を良く思っていないらしく、過去に火星探査機が消息不明となった事案に関しては火星からの干渉を受けての結果だという。

そんな、火星人時代の記憶を持つ少年が興味深い予言も伝えている。

・エジプトのクフ王以外の別のピラミッドから新たな叡智が見つかるだろう。

・スフィンクスの中に、現在失われた高度な知識や技術が眠っており、それが開かれると我々の人生は変わることになるだろう。

・スフィンクスの耳の後ろのどこかに入口がある。

スフィンクス~!!
誰か早く古代の叡智を開いてください(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。