長屋で水餃子

左京区の新居に移る前に、ひとまず夫の家で過ごしておりました。

御所の近くの長屋です。
大正時代の建物です。

なんと、トイレの窓にガラスが入っていなくて、網だけなんです!

なので外にいるのと同じで、白い息を吐きながら用を足しておりました。

夜は皆で鍋を囲んで暖まります。

今夜は水餃子。
スープは夫が担当。

50個作りましたが、あっという間になくなりました~!

(水餃子と言いながら、水餃子の写真は撮ってません 笑)

寒いなぁ~!
寒いなぁ~!
明日は新居に引っ越しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。