江本勝さん。

偉大なメッセージを世界に広めた方が帰星されました。

株式会社IHMの江本勝さんです。

水の結晶写真の撮影に成功され、「波動」という世界を誰もが目に見える形で伝えて来られた方です。

「ありがとう」という言葉を書いた紙を貼った水、「ばかやろう」と書いた紙を貼った水、それぞれの水の結晶写真を撮影し、その違いから、言葉の持つエネルギー、波動、水もエネルギーであることを証明してくださいました。

この発見は世界中に広がり、世界各国で水に「ありがとう」の祈りを捧げる活動が行われています。

私も10年前に江本さんにお会いしたことがあるので、今回の突然の訃報にはショックを隠しきれませんでした。

最近では石垣の小学校にも水からの伝言が配布されていました。

「言霊」ことだま

文字通り、言葉には魂が宿っています。

精妙なる波動、バイブレーションです。

水はそのバイブレーションが物質化したものです。

人体の70%は水でできているならば、
言葉が放つバイブレーションと共鳴し、
まさに結晶写真のごとく美しくも醜くも影響を受けてしまうことでしょう。

江本さんが息を引き取る時、最後の言葉が「ありがとう」だったそうです。

本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください