私の分まで食べられる日。

今朝はピタサンドを作り、次男と娘を送り出したら、ゆっくりと食べるつもりで楽しみにしていた。

そうだ、その前に娘の自転車の空気を入れてから〜、と思い、外で自転車に空気を入れながら、ある声を聞いた。

「それ、後でやれば?先ずは朝食食べたら?」

脳裏に浮かぶこの言葉を完全に無視して、いいの、これ片付けちゃってから、ゆっくりと朝食とるんだもーん♪

と、自転車の空気入れの作業を続けて、さーて、ピタサンド食べようっと!と食卓に向かう。

そこには、2枚のお皿だけが。。

え???

よく見ると長男の手にはピタサンド。

「ちょっとーっ!!
私の分まで食べたの!?」

「え?食べてダメなの?」

「ピタサンドをのせたお皿が2枚あったら一つは私の分ってわかんないのっ!」

「・・・・・・。」

長男、こういうことがわからないらしい。
気まずい空気が流れ、挙動不審気味にノーベル物理学賞の人の話なんかをしてお互いにごまかす。

普段ほとんど怒らない私ですが、久しぶりに腹が立った瞬間でした。

あの時の「声」を、ちゃんと聞かなかったことに反省。。。

あー、ピタサンド〜(T ^ T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください