天狗さんのイタズラ。

今日もギラギラと太陽が照りつけます。
いつまでたっても最低気温が28度の日々。
今年は熱帯夜が長く感じます。

運動会の振替休日の娘を連れてこまごまとした用事を済ましていた時の出来事。

その用事のラストが、飲食店を一人で切り盛りする友達のところに届け物をすることだったんだけど、そこでのこと。

届け物を済ませた帰り際に、その友達と京都の「鞍馬山」の話をしていました。

話を終えて車に乗ると、エンジンがかかりません。。。

参ったな〜。

そこで先ほどの友達のお店で少しの間、修理屋さんの到着を待つことにしました。

駐車場からお店へ少し歩くのですが、娘がその途中にある森の木を指差しながら、

「今あそこに天狗さんがいる!」

と言いました。

私 「何?鞍馬から来たのー?」

娘 「うん、そう!エンジンも天狗さんのイタズラ!」

上空にはクラウドシップが。

その後しばらくお店の中で、娘が天狗さんとのやりとりを始めてしまうのです。

「天狗さん、いまここに来てるよ〜」

「ママがどんな人か見に来たの」

鞍馬山の話をしていたから?

「そう、1秒で来れる」

実は天狗さんて宇宙存在?

「はい」

そんなやりとりをしているうちに、車の修理屋さんが到着して、エンジンをかけていただきました。

ようやく帰ろうと車に乗ると、娘が

「いま天狗さん居なくなった。」

と一言。

今週末、まさに京都の鞍馬山に行く予定なんですけどー。
何か啓示があるかもしれませんね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。