ワクワクしようよ!

暑い暑い日曜日。

午前のセッションの後、帰宅して昼食をとり、
娘と外出。

外出と言っても、暑くてバンナ公園や川平湾まで遊びに行く気力がなく、

涼しい図書館へ行くことに。

そこで子供向けの本コーナーで、宇宙の写真集を見ていると、ETソウルの友達に遭遇しました。

友達「この前、家の屋上にネットのテントを張って寝てたんだけどさ、かなりみたよ。」

私「何を?」

友達「UFO。」

私「あら。」

友達「この前なんて、730交差点のところで、真っ昼間からピューン!って(笑)
もっとさー、ガンガンやって来てくれてもいいぐらいなんだけどねー。」

なんていう話を、しばらく交わして別れ、娘の絵本と、この本を手に取り

料理本コーナーへ行くと、そこでまた別のETソウルの友達に遭遇した。

私「今夜の夕飯はどうするの?」

友達「餃子は?でもあれ結構面倒だよね〜。子供が自分で料理作れるようになる本借りたら?(笑)」

などと会話を交わし、彼女は旦那さんと子供二人と一緒に帰って行きました。

その後、食材の買い物をして帰宅。

夕飯は娘のリクエストで焼き魚と、ニラ玉。

宿題の丸つけを終えたら、オーパーツの本を見ようと楽しみにしているところに、不思議な友達からの電話。

石垣島の古代遺跡の話だった。

シンクロ。

まだまだ、島には超古代文明の名残りがたくさん。

ワクワクしながら電話を切る。

ワクワク感って一番好きな感覚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。