「ありがとうございます」

味噌焼きおにぎりを3個作りながらPCに向かっています。
長男のお昼ご飯。
家のすぐ近くの高校に通っているのですが、お昼休みは帰宅して食べているんです。

私の高校時代から言って、お昼休みに帰宅なんて考えられない世界ですけど、
ここは石垣島・・・。
ええじゃないか。

昨夜は夕飯の支度をする気になれず、久しぶりに外食しました。
子供たちといろんな話をしながら、美味しいものをいただいて満足でした。

それもつかの間、駐車場に向かうと思い出しました。
車の後部座席の窓が片方パワーウィンドウの故障かなんかで閉まらなくなっているってことを。
しかたなく開けたままで食事してたんですけど
その間に雨が降ってきてて、シートがびしょ濡れに!

気が滅入る。
仕方ないから帰宅してから車の窓にビニールをテープでとめて応急処置。

今朝次男を学校に送って帰宅する車内にて、
私はずっと車のことを考えていました。

安い中古車が欲しい・・・。
でもまずは修理屋さんに行かなくちゃ、と思ってました。

そしてなんだかヤケクソになり、
「ありがとうございますっ!!」
と何度も叫びました。

そして家の駐車場に着くと、その窓はふつうに「ウィ~ン」と閉まったのでした。

おお神様!ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。