底地ビーチにピラミッド?

久しぶりに興奮しました!

今日は暑いんで、久しぶりに川平の底地ビーチまで行きましたが、
干潮でほとんど海水がない状態。

裸足で遠くまで歩いて行くことができました。

そこに、何やら石を発見。
よく見るとそれはピラミッド型をしていました。

拾おうとしても取れません。
その石を手で軽く掘っても、地中深くに埋まっている感じでびくともしません。

何だか怪しい。

その石から浜辺へ向かって一直線先には野底マーペーと酷似した
不思議に尖った山が。

何だかとても気になりますね〜

このピラミッドのような石は、干潮じゃないと見れないばかりか、海水浴シーズンにはハブクラゲ対策としてロープで遊泳エリアが囲われるので、その石があるポイントまでは人はほぼ近づけませんので、存在には気がつきにくいんですよね。

なので今回発見できたのはとてもラッキーかも☆
これ、全部掘り起こしたいですよね。

「底地(すくじ)ビーチ」

なんで地の底なんだろう?
地の底にはエネルギー変換装置が存在するってこと⁈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください