己の眼を開くとき

なんでもかんでも、物事に対して表向きの情報に振り回されずに

真実を自分の眼で観ていくことが大切なんだと思う。

なんていうことを、ベビーシッター事件の報道を観ながら考える。

本当のことが知りたい。

いつの日もこの思いが強くて、どんなことでも
真実か否かを心眼で感じ取ろうとしてしまいます。

感じることを大切に。

自分の気持ちに正直に。

恐れることは何もない。

すべては自分の「意識」次第。

今日はこれから久しぶりに川平に行きます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。