マージング・ポイント

「私たちの文明が個々人の潜在意識の声、さらには宇宙からの促しに耳を貸さず、

行き当たりばったりの条件反射的な振る舞いを続けるのなら、もはや退化しかない。

進化の時が近づくにつれ、行き当たりばったり型の人々には不安や、八方塞がり的な

状態が訪れるだろう。

狭く暗い産道のような「目覚めへの通路」を、直観に導かれて進みながら、

私たちはやがて”地球的生命”から”宇宙的生命”へと生まれ変わるだろう。

だがそのプロセスは、私たちがこの現象世界に生まれて来た時と同じように

一人で経験しなければならない。」

「自然界の中でひとり進化に抵抗しているのは、私たち人類だけなのかもしれない。

それでも宇宙は、私たちの一人旅の道の向こうにある、

「マージング・ポイント」(合流点・融合点)で、私たちの到着を静かに待ってくれている。」

(「マージング・ポイント~魂の進化と人類の未来~」ジョン・クレイグ+愛知早苗 著 より)

今朝ぼんやり炊事をしている時に、この本のタイトル「マージング・ポイント」

が思い浮かんだので、押入れから探し出してきました。

約20年前に出版された本ですが、購入したのは10年前です。

その時はほとんど内容が理解できませんでしたが、

いま再度読み直すべき一冊なのかもしれませんね。

皆さんも是非一読をしてみてください(^▽^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください