95歳の女性

最近、朝まで爆睡し、きまって夢をみている最中に目覚ましが鳴り
「あぁ、途中だったのに・・・」

という思いで布団から出る、
ということを繰り返しています。

まだぼんやりとした状態でこのブログを書いています。

この前あるTV番組で、

「もしも街角でウエディングドレスの花嫁が泣いていたら」

という企画をやってました。

道行く人々は花嫁にどう反応するのかを、
東京と大阪で検証するというものでしたが、

大阪の人たちは、すぐに
「どうしたん?」と声をかけて

「今日結婚式だったんですけど
結婚するのがいやで逃げてきたんです(涙)」

という花嫁役の女性に

「寒いからおばちゃんと一緒にそこの喫茶店行こ」

といって連れて行くんですけど、
そこでまた通りかかった人たちが
ドレスの裾を持ってくれたりして
4~5人で彼女をサポートしてくれていました。

東京編では、
「街角に花嫁」という怪しさ(?)に
誰も声をかける人はいませんでした。

30分ほどして、
一人の高齢の女性が近づいてきて

女性 「あなた、どうしたの?」

花嫁 「私、今日結婚式だったんですけど、
結婚するのがいやで逃げてきたんです(涙)
気づいたらここにいて
どうしたらいいのかわからなくて~」

すると女性は、

 「あのね、自分でなんとかするのよ。
誰も助けてはくれないの。
私は95歳。
ひとりでやっていかなくちゃダメなのよ。ごめんね。」

淡いパープルのコートに赤いバッグを下げ
真っ直ぐに背筋をのばした
95歳の女性は、
花嫁に優しく諭すと
その場を去って行きました。

戦争の時代を生きてきた
一人の女性としての
強さ、逞しさ、そして切なさ、優しさを
見せていただいた気がしました。

久しぶりにカッコいい女性を見た気がしました。

この方に会って話してみたいとも思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください