時が来れば。

「あなたはヒーラーをやる人ですから、早く始めてください。」

と言われたのは10年前のことでした。

当時、スピリチュアルコンベンションという
癒しの見本市が全国的に開催されていて、
「仙台すぴこん」のボランティアスタッフをやりながら
ありとあらゆるブースを体験しながら楽しんでいた私。

そこであるヒーラーさんから、そう言われたんです。

その時は

「いやいや、私視えないし、聞こえないし、早くやれって言われても無理」

そう思ったんです。

でも、何故かその方から言われた言葉はずっと覚えていました。

そして10年後、いま本当にヒーラーとして仕事をしている。

すぴこんでセッションしてくださった方が言ってくれた一言は
10年後を見据えていたことになります。

いや、私の潜在意識がそれを選択したということが
現実を生み出した、と言ったほうがいいかもしれません。

ですので、セッションでそのようなことを言われた場合
いまは「できない」「自信がない」と思っていてもいいんです。
「しなきゃいけない」なんて思う必要もない。

あなたの潜在意識が

”それを選択していれば”

時が来れば、それが現実のものになりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

山形県出身、京都府在住の数秘術師。 京都府移住の前は沖縄県の石垣島で9年間生活。 その期間のほとんどを三児のシングルマザーとして過ごし、数秘術は細腕一本で一家を支えるための生活の糧として磨かれた。 数秘術歴:2002年〜 対面セッション:のべ3000人以上 講師経験:約300席 大手保険会社で数秘術を用いた人事アドバイザーを務める。