そこに心はあるのか?

辛口を少々。

「うちはその伝統文化の後を継ぐ家系だ」

とかよく聞きますが、
その家の方々はその伝統を理解し、愛し、心から継承していきたい
と思って継いでいるのか、疑問に思うことがあります。

もちろん、そう思って継いでいらっしゃる方々もおられると思いますが。

「本当はやりたくないんだけど、うちはその家系だし、
それを継ぐのは長男と決まっていて、でも長男が家に
戻ってこないし・・・」

私は思うのですが、継ぎたいと心から望んでいらっしゃる方が継いでくれたほうが
神様も嬉しいのではないのか?と。

たとえその方が長男じゃなくても、その家系じゃなくても。

でも、もし自分たちの代で終わらせたら何か災いでも起きるのではないか?
という、

「全く根拠のない漠然とした不安」

から、嫌々後を継いでいくという行為を、ずーっと繰り返していくとしたら、

もしあなたがこの世を去ったご先祖だとして、このような子孫の
不安からの行為をどんな思いでみるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください