人間観察

人がこの世界に誕生して初めて出会う人間が親です。

この親を通していろいろなことを学んでいくわけですが、

人(親)が持つそれぞれの価値観を、それが正しいと思い込んだ上で子供に刷り込んでいきます。

子供は親のことが無条件で大好きです。
ですから、大好きな親から教えられる情報は疑う余地もなく信じて、それが正しいことだと認識してゆきます。

これが代々、親子というものを通して連鎖してゆくわけです。

人の価値観は千差万別ですので、どの人が正しくてどの人が間違っているとは断定できません。

しかし人々は自分が親から教えられた情報を正しいと信じ、それを常識である、と思いこんでゆきます。

ということは、他人との間には「違い」が存在するわけです。

このとてつもない「違い」を受け入れていくための学びが、結婚というものなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください