宇宙船にて

先日のCE5の続きなんですけど、前回同様、ズーズーしく「乗せてください」とお願いしてみたんです。

そしたら今回はグレゴリーさんの後ろの方から皆さんを見ていまして…

えー!こんなに近いとこに⁈

と、驚きました。

それでずっとベッドみたいなところに寝かされ、赤いレーザーのような光で胃腸のあたりをメンテナンスしていただいたんです。

おかげで腸がずっとギュルギュル鳴りっぱなしでした(笑)

肉体に戻ると確かにグレゴリーさんの後方にはずっと緑の小さな光がありました。

こんな近いんじゃあ、ピカー!っと発光したりしたら眩しくて耐えられないだろうから、と小さい光なのね(笑)

そしてまたあの巨大な宇宙船でお会いしたボウズ頭の司令官からのメッセージをいただいて、ブレまくりだった私の意識は中心へと戻されたのでした。

はい、今後もしっかりとやっていきますよ!

おそるべし(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください