氣=電気信号=エネルギー

ひのきはどんな樹木にもない生命力や耐久力を備えているそうです。

日本では古事記のスサノオ神話の中で、ひのきは寺院や神院の建材として示唆されており、千二百年の歴史を持つ正倉院の宝物庫や千年の歴史を持つ法隆寺もひのきで建てられました。

ひのきにはフィトンチッドという癒し効果があり、αピネンやリモネンなどの天然アロマが溶けこんでいるので、これらの成分が私たちに癒しを与え森林浴のように心をほぐしてくれるのです。

そんなひのきのチカラを借りて開発されたのがBMDの氣代謝生理学です。

氣代謝生理学とは、体内に溜まった余分な電気エネルギー(ストレス、想念、疲れ)が停滞したり固まると不可要素となるので、常に体外に発散し溜めないことが日々の健康維持と美しさにつながる、という考えから研究開発されたシステムです。

以前、船井幸雄さんがHPで推薦されていたのをきっかけに、BMDの商品を試してみたんですが、かなり気に入ってます!

体内から余分なエネルギーをスッキリ浄化、といった感じで、エネルギーに敏感な方には特にオススメです♪

川平店にもちょこちょこっと並べ始めました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください