かがみ

「自分は正しい」「自分は間違ってない」という思考で他者を見ていると、他者は自分から見て「あの人が悪い」「あの人は間違っている」という「判断」をしてしまいます。

他者は自分の内面を映し出す鏡だとよく言われてますが、その概念で考えると、結局それは自分で自分を裁いていることになります。

裁かずに、受け入れることを意識していけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください