世のお母さん達へ!

私が勝手にメンターにしている方に、Iさんという方が

「どうすれば良い母親になれるでしょうか?」

という質問をされていました。

それに対してのメッセージが感動的だったのでシェアさせていただきます。

「どうすれば良い母親になれるでしょうか?」とお聞きになると言うことは、今の自分は良い母親ではなく、
Iさんの中には「良い母親像」と言うものがあって、
その違いに悩んでいると言うことになりますが…。

違いますか?

お母さんが100人いれば、100通りの母親像があって良いのではないでしょうか?

Iさんの中の「母親とはこうあるべき…」と言う価値観が、自分自身を責めて、裁くことになってしまいます。

そしてその価値観は、Iさん自身が、
Iさんのお母さんにして欲しかったこと…。
本当は自分のことをこう扱って欲しかったのに、
満たされなかったと言う欲求が、根底にあるのではないでしょうか?

だとすれば、自分のその想いを認めて、それを満たして上げることが先決です。

もう少し、わかり易く言うと、「子供のため」を優先するのではなく、まずは自分を許し、自分を癒すことを
優先しても良いと認めることです。

「良い母親」とは、子供の躾や教育、お世話を完璧にこなす人のことを言うのではありません。

スピリチュアルな視点から観た「良い母親」とは、
「宇宙の中心とつながっている女性」のことです。

あなたがつながっていれば、子供のことなど、何も心配する必要はありません。
イエ、心配することなど、出来なくなります。

母親がつながっていることが、
子供にとって、最高のギフトです。

母親が「つながっている」こと以上のギフトを、
子供に与えることは出来ないと、私は想います。

自分自身をあるがままに認め、許し、癒すことが、
「宇宙の中心」とつながることです。

想い出してみてください。

あなたはつながっていたから、母親になれたのでは
ありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください